「性交痛」を防ぐ方法について調べまとめました
本当に黒ずみが落ちたデリケートゾーンの石鹸おすすめランキング
  1. 痛くて楽しめない?「性交痛」を防ぐ方法

痛くて楽しめない?「性交痛」を防ぐ方法

性行為が痛い!どうしたら痛みを感じない?

セックスの最中に痛みを感じて性行為に集中できなくなってしまうという経験を持つ女性はなんと4人に1人はいるそうです。また、気持ちよくエッチしたいと思っていてもなかなか濡れない・・・という悩みを抱えている女性も多いです。

そもそも、濡れるメカニズムを皆さんはちゃんと理解していますか?濡れるメカニズムは男性も女性も同じで、性的な興奮が起きると、性器が充血して愛液を分泌します。特にリラックスしている時は、脳にオキシトシンというホルモンが分泌され、さらに性的な興奮が加わると、より愛液を分泌しやすくなるのです。この濡れるという作用によって、性行為をスムーズにしてくれるのですが、体調やシチュエーションによってはなかなか濡れなかったりします。濡れていない状態でいきなり挿入するのは困難ですし、女性は強い痛みを感じてしまいます。では、どのようにすれば痛みを感じずにスムーズにラブタイムを楽しむことができるのでしょうか。

性行為でなかなか濡れない!原因と対策は?

濡れないことの悩みはなかなか人に相談できません。女同士でもそんな話は気が引けてしまいます。濡れない原因がわかれば、彼とのラブタイムを楽しめるだけではなく、気持ちが楽になる女性も多いと思います。

まず、愛液の分泌量には個人差があるということを覚えておきましょう。濡れやすい人もいればそうでない人もいるものなのです。

また、加齢により愛液の分泌は減少します。若いころより濡れなくなったと感じる人も多いかもしれません。また、愛液の分泌量はオキシトシンというホルモンとも関係が深く、仕事などで疲れすぎていたり、緊張やストレスを感じていたりすると、このホルモンが減少し、濡れにくくなります。また、お酒の飲みすぎや水分不足、空腹などでも愛液の分泌が減少する要因となるので、彼とのラブタイムの前の食事や飲酒には注意が必要です。

性行為で濡れやすくなるための3つのポイント

なかなか濡れない、性交痛があるという方は次の3つのことを試してみてください。

リラックスする

緊張した状態ではオキシトシンというホルモンが分泌されにくいため、濡れにくくなります。まずはリラックスすることが重要です。もちろん濡れるためには性的な興奮が必要ですが、緊張がほぐれた状態だと全身の血流が良くなり、性器が充血して愛液もたくさん分泌されやすくなります。

前戯を長くしてもらう

前戯は愛液を分泌させるためにもちろん必要です。ですが、前戯はリラックス状態になるためにも有効なのです。いつもよりたくさん前戯をして欲しい、と彼にお願いしてみてもいいですが、たまにはベッドの上でおねだりしてみては?彼も喜ぶこと間違いなしです。

体調を整える

愛液の分泌がスムーズに行えない身体の原因は冷えです。血行を促進して冷え性を改善すれば、性器への充血も良くなります。また、過度なダイエットや不規則な生活はストレスや疲れを溜めやすくなる原因となるので、彼とのラブタイムを台無しにしてしまうかもしれません。なるべくストレスを発散できる環境を整えておくことが大切です。

この3つを試しても濡れにくい、性交痛を感じるという方はローションの使用や性欲を促進するサプリなどを使ってみるという方法もあります。また、濡れない原因や性交痛が膣の病気の可能性もあるので、婦人科や専門医に相談してみるのもいいでしょう。

ページのトップへ