汗の臭いを気にせずラブタイムを楽しむ方法について調べまとめました
本当に黒ずみが落ちたデリケートゾーンの石鹸おすすめランキング
  1. 汗の臭いを気にせずラブタイムを楽しむ方法

汗の臭いを気にせずラブタイムを楽しむ方法

実は彼も気にしてる?ラブタイムの汗の臭い!

彼とのラブタイムでは気になることがたくさんありますよね。毛の処理から、下着まで・・・でも大切なタイミングで一番気になるけどどうにもできないのは汗の臭いです! 彼に触れられながら、「汗の臭い大丈夫かな・・・」なんて、余計にたくさん汗をかいてしまいそうですよね。汗は自分自身でコントロールすることが出来ません。しかも、ベッドの上では緊張や、思った以上の運動量に大量の汗をかいてしまいます。サラサラした汗ならいいのですが、ベタベタとした汗やイヤな臭いが混じった汗だとなんだか気まずい雰囲気になってしまいますよね。 ここでは、そんなイヤな汗の臭いの解消方法についてお話しします。

汗の臭いを解消するには汗腺機能を鍛えよう!

ベタベタしたイヤな臭いのある汗をサラサラした汗に変えるには、普段から汗を定期的にかくようにするのがおすすめです。最近では、夏場でも汗をかくことが少なくなりましたよね。職場でも1日中クーラーのきいた部屋に閉じこもり、家に帰ってもエアコンのきいた部屋で過ごしています。運動などを自分からしない限り、ほとんど汗をかくことはないのです。そのため汗腺機能が低下し、たまに汗をかくと臭いの成分が多く含まれたベタベタした汗が出てきてしまいます。

汗腺機能を向上させるにはやはり汗をかくことが一番です。例えば、ウォーキングやジョギングで身体を動かして汗を流したり、ホットヨガや半身浴をするのも効果的です。

また、汗を流すと同時にポリフェノールの摂取も汗腺機能の向上に有効です。ポリフェノールには新陳代謝を促す効果があるため、こまめな発汗に役立ちます。ポリフェノールを多く含む食べ物としては、トマトやりんご、ブルーベリーなどが挙げられます。また緑茶や紅茶などにも含まれていて、お茶類には殺菌作用もあるので、イヤな臭いの対策にもなりますよ。

汗を抑える!?手軽に押せるツボはここ!

身体には汗を抑えるツボがたくさんあります。押してすぐ汗がさっと引くような即効性はありませんが、覚えておけば彼とのラブタイムだけではなく、緊張するような場面でも事前に押しておくことができます。

後谿(こけい)

手をグーにした時に、ポコっとでる小指の付け根部分です。身体の熱を下げてくれる効果があり、発汗を抑えます。

合谷(ごうこく)

人差し指と親指の間のくぼんでいる部分です。身体の水分量や熱を調整し、汗をかきにくくします。その他頭痛や鼻炎、歯痛などにも効果があるといわれています。

屋翳(おくえい)

左右の乳首から3~5センチ上にあります。2~3分押すと、顔やワキの汗を抑えてくれます。またバストアップの効果も期待できますよ。

ページのトップへ