ワキの下や首裏・背中・お尻の黒ずみの原因とその解消法について調べまとめました
本当に黒ずみが落ちたデリケートゾーンの石鹸おすすめランキング
  1. ワキの下や首裏・背中・お尻の黒ずみの原因とその解消法

ワキの下や首裏・背中・お尻の黒ずみの原因とその解消法

薄着の季節は恥ずかしい!ワキの下の黒ずみ

薄着の季節は恥ずかしい!ワキの下の黒ずみ

肌が黒ずむ原因のひとつに「メラニン色素」があります。メラニン色素は肌が紫外線などの刺激を受けたとき、その刺激から肌を守るために生成されます。ワキの下は衣服などの摩擦やムダ毛の処理による「刺激」を受けやすい部位なので、メラニン色素の産生が異常に増加してしまい、沈着して黒ずみになってしまうことが多いのです。このように摩擦によって発生した色素沈着は「摩擦黒皮症」と呼ばれ、深い部分に色素が定着しているので改善に時間がかかります。

また、ワキの下にはたくさんの汗腺が集まっています。汗をかいたまま放っておくと、ムレて雑菌が繁殖したり、皮脂や汚れがたまって毛穴の詰まりを引き起こすことで、黒ずみになることがあります。

対策としては、ムダ毛処理には古いカミソリやシェーバーを使わない、汗はこまめに拭く、また制汗剤の使い過ぎも毛穴を詰まらせる原因となりますので使用は最低限に控えましょう。ワキの下の黒ずみが気になるからといってファンデーションで隠したり、あるいは「ムダ毛が残っているのでは?」と勘違いして何度もカミソリをあててしまうと、過度な刺激によって黒ずみが悪化してしまう場合もありますので注意が必要です。

意外と見られている?首の裏や背中の黒ずみ

意外と見られている?首の裏や背中の黒ずみ

首の裏や背中が黒ずんでしまう最も大きな原因のひとつに「シャンプーやコンディショナーの洗い残し」が挙げられます。これはシャンプーやコンディショナー、トリートメントの洗い残しが首裏や背中に付着することによって毛穴を詰まらせてしまうためです。それだけでなく、コンディショナーやトリートメントの油分はアクネ菌のエサにもなるため、ニキビの発生にも繋がります。ニキビ跡が黒ずみの原因となる場合もあるので気を付けなければなりません。また、衣服に付着している洗剤や柔軟剤の成分が肌に合わず、刺激となって黒ずみを起こしているような場合もあります。特に柔軟剤の主成分である陽イオン界面活性剤は肌荒れの原因にもなるので、黒ずみ以外の肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

対策としては、シャンプーやコンディショナーをしっかりと洗い流す、髪の毛を最初に洗う、低刺激のシャンプー、洗剤、柔軟剤を使うようにすることです。買う時は成分表示を見て、陽イオン界面活性剤など肌にとって強い成分を避けるように心がけましょう。

自分では確認しにくいお尻の黒ずみ

自分では確認しにくいお尻の黒ずみ

お尻はショーツの締め付けや摩擦、座った時の圧迫など、非常に刺激を受けやすい部位です。こうした箇所は多くの場合、刺激から肌を守ろうとターンオーバーを早めて角質層を厚くしようとする「過角化」と呼ばれる現象が発生しています。過角化によって角質が厚くなると、お肌全体がゴワゴワしたり、くすんで黒ずんでしまうのです。

対策としては、座る時間を短くする、締め付けの強いショーツやナイロン製のショーツを避け、肌触りがよい天然素材の下着を選ぶようにすることです。また、過角化によってお尻が黒ずんでくすんでしまっている場合には、余分な角質をピーリング石鹸などで取り除くことで黒ずみに効果があらわれることがあります。ただし、スポンジやスクラブなどでゴシゴシこするのは、摩擦による刺激で色素沈着が発生したり、過角化を促進させ余計に黒ずみを進行させてしまうので注意が必要です。

ページのトップへ