デリケートゾーン・陰部・アソコの黒ずみの原因とその解消法について調べまとめました
本当に黒ずみが落ちたデリケートゾーンの石鹸おすすめランキング
  1. デリケートゾーン・陰部・アソコの黒ずみの原因とその解消法

デリケートゾーン・陰部・アソコの黒ずみの原因とその解消法

デリケートゾーン・陰部・アソコが黒ずむワケ

デリケートゾーン・陰部・アソコが黒ずむワケ

デリケートゾーンの黒ずみの原因は大きく分けてふたつあります。ひとつは誤った洗い方やショーツの締め付け、ムダ毛の処理などによる外部刺激がメラニン色素を発生させ、それが沈着して起こる黒ずみ。デリケートゾーンは非常に皮膚が薄く柔らかいため特に刺激に弱く、体中で最も黒ずみやすい部位のひとつになります。このため、身体を洗うのと同じようにゴシゴシと陰部周辺を洗ってしまうとこれが刺激となって黒ずみの原因となってしまいます。基本的にはぬるま湯で、膣内の酸性に近いデリケートゾーン専用のソープなどをたっぷりと泡立て撫でるように洗うように心がけて下さい。

また、いわゆるVラインや太ももの付け根にかけての黒ずみは、ショーツによる締め付けや生理用ナプキンの擦れなどの刺激によるものである場合が最も多い箇所です。特に、化繊やナイロンなどの素材は要注意。なるべくゆったり目の綿やシルク素材のショーツを選ぶようにしましょう。例えば彼とのラブタイムに盛り上がる小さ目のランジェリーは常に身に着けるのではなく、お泊りグッズとしてバッグやポーチに入れておくのが良いかも知れませんね。

同じVラインでも、ヘソ下からIOラインにかけての黒ずみの場合には、間違ったアンダーヘアの処理が原因となっているケースも考えられます。ショーツからはみ出してしまったり、清潔に保ちたい、毛質や形が気になるなどの理由で自己処理をしている方も多いのですが、古いカミソリやシェイバー、ワックス、除毛剤などを使ってのお手入れは摩擦刺激だけではなく角質を傷付けたり赤みや炎症の原因にもなります。特にカミソリ負けを起こしやすい敏感肌の人は、ヒートカッターや抑毛ローションなどを使うようにしましょう。

そしてもうひとつの原因は、女性ホルモンの増減が引き起こすメラニン色素の沈着による黒ずみです。こちらは例えば妊娠によって女性ホルモンが増えたり減ったりすることでメラニン色素が増えて黒ずみが濃くなる、女性ホルモンが活発な若い女性ほど黒ずみが濃くなるなど、身体の構造上どうしても起こってしまうため、ある程度は仕方ありません。その他の原因について働きかけるよう心がけましょう。

アソコの黒ずみ、男子の本音とは?

回答率99%というスマホの無料質問アプリを使い、男性のアプリ登録者に対し、次のような質問をしました。「男性の方に質問です。パートナーのアソコの黒ずみを気にしますか?」

アソコの黒ずみ、男子の本音とは?

すると、「気にする」「どちらかと言えば気にする」と回答した人は全体の62%という結果になりました。やはり女性のアソコの黒ずみを気にする男性は多いようですね。また、理由を聞いてみると、「遊んでいると思うから」「不潔な感じがするから」と答える人が多かったです。こういった認識は誤りなのですが、特に10代20代の男性の間では浸透してしまっている情報のひとつのようですね。

一方で、「気にしない」「どちらかと言えば気にしない」と答えた人の多くからは、「色や形より臭いがキツイ方がイヤだから」「愛し合っていれば関係ないから」という理由が挙げられました。中には、アソコや乳首の黒ずみは「性経験」とは関係なく生まれつきの体質によるもので悩んでいる女性が多いことについても、ご存知の男性も数名見受けられました。

専用のソープで洗おう

専用のソープで洗おう

デリケートゾーンが黒ずんでしまう最も大きな要因のひとつが「間違った洗い方」による摩擦刺激です。汚れが溜まりやすく清潔に保ちたいデリケートゾーンですが、だからと言って、例えば殺菌成分の入った洗浄剤で念入りに洗ってしまうと、汚れと一緒に肌を守る保湿成分まで一緒に流してしまい、かえって黒ずみやイヤな臭いを引き起こしてしまうことにもなり兼ねません。

また、これにより保湿成分を失ってしまったデリケートゾーンというのは、普段ムレていると感じることが多くても、皮膚としてはとても乾燥しています。乾燥した状態の皮膚は更に刺激に弱くなりますので、ちょっとした摩擦や刺激でますます黒ずみが進行してしまいます。そこで必要になってくるのが「保湿ケア」なのです。

デリケートゾーンの保湿には、デリケートゾーン専用の保湿ケアアイテムを使うようにしましょう。と言うのも、デリケートゾーンは他の身体の部位に比べ非常に皮膚が薄く、膣内は粘膜でもありますので、ボディ用のケア用品では刺激が強過ぎるのです。

デリケートゾーン専用の保湿ケアアイテムと言えば、美容クリームや保湿美容液など様々ありますが、毎日忘れずにケア出来るという点で、「デリケートゾーン専用の石鹸」というのは非常に優秀です。デリケートゾーンの黒ずみが気になると感じたら、先ずは専用の石鹸を使って、正しい洗い方で洗うよう心がけてみて下さい。

ページのトップへ