バストトップ・乳首の黒ずみの原因とその解消法について調べまとめました
本当に黒ずみが落ちたデリケートゾーンの石鹸おすすめランキング
  1. バストトップ・乳首の黒ずみの原因とその解消法

バストトップ・乳首の黒ずみの原因とその解消法

乳首が黒ずむ本当の原因と勘違い

乳首が黒ずむ本当の原因と勘違い

その他の部位と同じように、乳首の黒ずみにも「メラニン色素」が深く関係しています。と言うのも、乳首は下着の締め付けや摩擦などによる刺激を受けやすく、その刺激から肌を守るために生成されたメラニン色素が沈着して黒ずみとなってしまうことが多いのです。このため、乳首への刺激が多い=性経験の豊富な女性は乳首が黒ずむと勘違いをされることが非常に多いのですが、実はそれは大きな間違い。人間の身体の構造上、周りの皮膚に比べ元々濃くなっている乳首の色というのは、実は「持って生まれた体質」によるところが最も大きいのです。例えば日焼けをしやすい人としにくい人が居るように、色素沈着をしやすい体質としにくい体質の人が居ます。つまり生まれてから同じ年数同じだけの刺激を受けた乳首でも、薄い茶色の人と濃い茶色の人、体質によって色は左右されるというワケです。

しかし「乳首が黒いと遊んでいる」という間違った認識によって、乳首の黒ずみに強いコンプレックスを抱いている女性は少なくありません。また、場所が場所だけに他人に相談しにくく悩みが深刻になりがちです。しかし、実は女性が思っているほど、男性は乳首の色をそれほど気にしていないというアンケートの結果も出ています。以下、私が個人的に無料質問アプリを使って匿名の不特定多数の男女を対象に取ったアンケートの結果をまとめていますので、ご参考になさってみて下さい。

男女で違う?黒ずみの認識

回答率99%というスマホの無料質問アプリを使い、アプリ登録者に次のような質問をしました。次の写真は女性の乳首の色を表しています。①番から⑤番のうち、どの色から「黒ずんでいる」と感じますか?

男女で違う?黒ずみの認識

すると、男性の回答者の場合②番を選んだ人が最も多く、女性の回答者の場合③番と答える人が最も多い、という結果になりました(回答者は女性:男性=4:6)。つまり、男性は女性が思うほど、パートナーの乳首が黒ずんでいるとは感じていないと言うことが出来ます。また、中には「色が濃い方がセクシーだと思います」と言う男性や「⑤番の色の人には出会ったことないですが、実在するんですか?」と言う男性も居るほどでした。この結果からも、女性が思うほどピンク色の乳首の女性というのは多くはないと言えそうです。

誇大広告に騙されないで!

誇大広告に騙されないで!

黒ずみの原因となるとお話しした「メラニン色素」ですが、メラニンは元々私たち人間の体の中にあり、髪の色や瞳の色、そして肌の色を作っています。メラニン色素には、褐色~黒色の「ユーメラニン」、黄色~赤色の「フェオメラニン」と2種類あり、黄色人種である日本人は、その両方の色素を持っています。

いわゆるピンク色の乳首というのは、遺伝的にこの「ユーメラニン」をごく僅かしか持っていない人になります。白色人種の女性は乳首がピンク色である場合が多いですが、これは遺伝的にこの「ユーメラニン」を持っていないためであり、反対に「ユーメラニン」を生まれつき多く持っている人は、キレイなピンク色の乳首になることは難しいと言えます。ですから、「塗ったら誰でもピンク色の乳首になる」と謳われているようなスキンケアアイテムは、実際には個人差が大きいと考えた方が良さそうです。

ただ、黄色人種は褐色~黒色の「ユーメラニン」を持っている人種の中では比較的色白であると言えます。つまり、正しいケアを行うことで、「限りなくピンク色に近い薄い茶色」の乳首になることは出来るのです。

ページのトップへ